にほんブログ村 バイクブログへ(文字をクリック)
↑訪問の記念にポチして戻って来てね~。

寄り合いの後、長男とず~っとガレージ!!~

コメント

 コメント一覧 (14)

    • 1. 万年NA
    • 2009年09月28日 00:02
    • この技、バイクでなくて、昔の職場で、樹脂製品の立会いサンプルの表面に使いました、炙る時はゆっくりやると焦げてダメ。手早く大胆にやるといい感じになりました
      バイクの旧車の場合樹脂部品は少ないので、使ったことはありませんが・・
    • 0
    • 2. ken
    • 2009年09月28日 05:24
    • おぉ~\(^o^)/
      すごい(*^_^*)
      こんなに綺麗になるんですか。
      バーナーの購入を検討しなければ(^○^)
    • 0
    • 3. セフロ
    • 2009年09月28日 06:20
    • 万年さん

       はいはい、オイラも使うところは、無いですね!でも炙りは、技として知ってればね?

       今日は、炙りチャーシューかな!
    • 0
    • 4. セフロ
    • 2009年09月28日 06:27
    • kenさん

       車体の樹脂パーツは、引火等無いようにね!

       出来れば、外してやりましょう~最後はケミカル用品で仕上げてください。

       昨日、ガレージでは、ウレタンのハケ塗りで、若い奴が盛り上がってましたよ~

       面白いですね~
    • 0
    • 5. 白スポ
    • 2009年09月28日 12:44
    • Nチビって、なーに?
      あぶって、きれいになるなんて、何でなんだろう?
      私には、わからないことだらけですねぇ。(#^.^#)
    • 0
    • 6. セフロ
    • 2009年09月28日 13:15
    • 白スポさん

       Nチビは、昔あった12インチの小さいホンダのレプリカNSR50で、250のNSR、17インチのNS1に比べて、極めて小さいからか、Nチビと呼ばれてる様です。

       樹脂パーツの炙りは、表面が脂抜け状態に劣化するからか軽く熱を加えると、多少ながら表面が活性化するのだと思いますね~

       今は、破損したキャブの復活試みてます。取っ替えろって倅には言われてますが、いや!修理するんだとオイラは言い張ってます。馬鹿げたことと笑ってください!
    • 0
    • 7. うめきち
    • 2009年09月28日 20:12
    • こんな技があるとは・・・。
      花さか爺で磨くくらいしか思いつきませんでした・・・。 おとん
    • 0
    • 8. セフロ
    • 2009年09月28日 22:07
    • えっ!樹脂パーツの劣化に花咲Gきくんでつか~知らなかった。今度試してみます~
    • 0
    • 9. ケンヂ
    • 2009年09月28日 22:53
    • こういう裏技的なネタ大好物ですよぉ~!!勉強なります♪
    • 0
    • 10. ライダース
    • 2009年09月28日 23:07
    • バーナーの燃料w
      コールマンのブタンじゃないですか~^^
      値段高いですよねw
    • 0
    • 11. セフロ
    • 2009年09月29日 00:43
    • ケンヂさん

       ホントに人は、一生勉強と良く言いますよね~

       今旋盤とプライスお勉強中~
    • 0
    • 12. セフロ
    • 2009年09月29日 00:47
    • ライダースさん

       そこに来ましたか~

       オイラも高いのとトーチには不適合って思い、倅には言うと、これしかなかったんだ、良いじゃんとさ!
    • 0
    • 13. 噴射弁
    • 2009年09月29日 19:48
    • この技は使えますね(驚)
      バーナー買って、目立たないところで練習しよっと♪
    • 0
    • 14. セフロ
    • 2009年09月29日 21:24
    • ハイハイスクーターの外装や樹脂メーター等バラシてやると効果的だと思います。くれぐれも炙って溶かさないでね!!ちょっとで良いんだから~
    • 0
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

↑このページのトップヘ