今日は、朝からガレージの片付けとバイクいじりがみっちり出来ました。

 何となくですがロートルも喜んでる感じでしたよ~今日の作業の様子は写真はありません。
 撮影はしたのですが、アダプターもケーブルもなくPCに取り込めません。よって写真は後で追加投稿しますのでお許しくだされ。

 本日の作業遺作立ち昨晩仕事から戻り、村工場に行くって倅達が言うのです。オイラも村工場の主に
  SAガソリンタンクの溶接作業
をして貰える事になってたので「オイラもっ」てな塩梅で倅の車に乗り込み同行、倅達は09ニューマシーン作りのために行くようだったが、そこは年の功、オイラが先だよって早々とタンクの溶接をしてもらいました。イメージとはちょっと違っちゃったけど、補強だと肉盛りまでしてもらっちゃいました。
 SAのタンクは、この後、錆取り作業の後に塗装を予定してますが、これが又、タンク下部の白ライン付近から下部に錆が発生します。再販部品ながらオリジナルなので思案のしどころなんです。

 さて、それでは、本日の作業内容を発表しま~す。
  1 予備のW3燃料タンクの錆取り(勿論Gさん登場です)
  2 核燃料タンクキャップ内側の錆取り(G錆取り材を使用しました)
  3 前後タイヤの交換(倅にやってもらってたので久々です)
  4 前後タイヤ交換に伴うタイヤ周りのお掃除と磨き
です。

 先ずは久々のお立ち台での姿をパチリするオイラは倅に笑われながらも、さあ作業開始だ!
タンクの錆取りですが、この作業に先立って昨晩溶接の際に
  コックの栓製作‥旋盤作業によりジュラコンで作ってもらいました(お代はサービス)
  給油工の栓‥‥‥同上の作業でと思ったのですが、こんな大きいジュラコンはないっ
         てことで諦めガレージにあった何かの容器を使用
という事で錆取り作業開始です。
055d1c25.jpg


っと思いきや忘れてました
  ご先祖様のお墓参り
汚い手を綺麗×2してお花(花Gじゃあねえぞ~)と線香を手に行ってきました。

 ご先祖様へのご挨拶も済ませ、背後霊と共に作業開始です。先ずは3個のやかんを使用してお湯作り(沸かしか!)ですが、良が良なので結構手間がかかりますね~
 次に、ピンを抜いてタンクキャップを外し給油口周りの錆取りとお掃除、中を覗いて見ると、あれっ!真っ赤かで~す。タンクを振ってみてもゴミや錆の塊は見当たらないので、花咲Gを容器に1割ほど残してドボドボと入れちゃいました。

 このまま、タンクを立てに横に振り回し花咲Gに踊ってもらいましたところ、薄い錆の所は既に鉄板が白銀の地肌が出て綺麗になってました~しばらくこのまま放置しコック部の漏れ等を確認、次にタンクにお湯を注ぎ、9分目までお湯を入れました。
 これで、とりあえずの作業はOK、次に給油口に何かの容器にパッキンテープを巻きつけギュギュッと押し込んでセンポします。後はセンポが取れたりもれたりしないようにビニールテープでコーキングして終了です。
cce3ab8e.jpg


 タンクはこの後、せっかくお湯が冷めない様にと、お母ちゃんから貰った毛布と夏がけで保温して車の中に格納して終了です。
138617a3.jpg


 2番目の作業として、前後タイヤの交換開始です。
 先ずは前輪からです。ジャッキーで前タイヤを持ち上げ取り外し、古タイヤを外して見ると意外や意外リム内側は殆ど錆がなく綺麗なものでしたので、リムに巻かれているフンドシも痛みもなくOKなので、ちょっと錆取りをして直ぐにタイヤを組んじゃいました。おっと、ここで錆でチューブが痛むのも嫌なので、フンドシの上からガムテープ1周巻きしてあげました。パンク予防にもなるし~
80a375a0.jpg


 続いてリヤーも同様にタイヤ交換です。ここで気が付いたことですが、フロントタイヤには回転方向の指定がないのにリヤーにだけはドライブ方向が指定されていましたね??どうしてだろう‥当時もそうだったっけかな~等としばし腕組みしてました。
159c3694.jpg


 このタイヤ交換に際して、タイヤ周りのお掃除と磨きを実施してやりました。結構ドライブチェーンが痛んでましたので、そろそろ交換時期かな!!お金が出来たら変えてやらないといけないですね!
 そして、見つけちゃいました整備ミス‥‥チェーンアジャスターの
    ロックナットの逆使い
です。シャフト抜かないといけないし、ナットが逆でも用を足すので、次期整備時に実施することとしちゃいました。でも足回りの回転部分結構綺麗になりましたよ~
7bca6f8c.jpg


 ってソファーに腰を下ろしWを眺めていると、傍らに取り外したタンクキャップがありました。またその脇には口を開けたSAのタンク‥‥いずれも内側のパッキン内側が茶色く錆びてましたので、小さいプラスドライバーで取り外し、パッキンも慎重に外しました(もう切れる寸前‥要交換です)

 そうです。花Gの兄弟分の錆び取り材の登場ですって言うか試しにやってみました。
 説明書きには「はけ塗り」って書いてありましたが
    面倒だどぶ付けだ
とばかりに、ステンレス皿の中でドボドボ掛けちゃいました。

 説明書きに「数分で取り出し拭き取る」って書いてあり「薄い保護膜で灰色になる」って書いてあり、ホント綺麗に錆び取りが出来ました。錆が酷かったので2~3度繰り返したらホント綺麗に錆びは取れましたね、まあ錆びた部分がぶつぶつになっちゃいましたけどね!!
0b9a7cf7.jpg


 てな塩梅で作業を終了!タイヤはピカピカ、 Fブレーキドラム、Rハブ、Yカバー、クラッチカバーもピカピカ(オイラなり!!)になりましたよ~

とりあえず下の文字の所ポチして遊んでね!


にほんブログ村 バイクブログ 名車・クラシックバイクへ(文字をクリック)